不用品回収業者にぼったくられたトラブル事例を紹介!ぼったくられないためには?

不用品を処分するにあたって、不用品回収業者を利用する方も多いのではないでしょうか。しかし、業者選びに失敗し、ぼったくられたという事案も存在します。不用品回収業者の中に悪質な業者がいるのも事実です。

 

この記事では、ぼったくりをする悪質業者とのトラブル事例や特徴、不用品回収業者の上手な選び方について解説します。

 

ぼったくられないためにも、これから不用品回収を業者に依頼しようと考えている方は、ぜひ本記事を参考にしてみてみてください。

不用品回収業者にぼったくられた?トラブル事例を紹介

 

まず、業者にぼったくられたというトラブル事例をいくつか紹介します。実際にどんな被害が起こっているのか、確認してみましょう。

不当な高額請求をされた

 

正当な理由もなく、相場価格の倍以上の価格で請求される事案です。

 

作業前は低価格の料金を提示し、作業後に提示した料金より何倍も高い請求をしてくるケースがあります。作業後の高額請求を断ると、荷物の積み下ろしをやらされたり作業料金を請求されたりする場合もあります。

 

不用品回収業者の相場を知らずに、高額請求に気づかず支払ってしまうケースも多いです。

見積もりにない追加請求をされた

 

業者に依頼すると見積もりを出してくれるのが一般的です。

 

しかし、悪徳業者に依頼をすると、見積もりに記載がない追加料金を請求されるケースがあります。

 

以下のような理由を挙げて、追加料金として不当請求されることもあります。

  • リサイクル料金
  • 運搬料金
  • 出張料金
  • 階段の利用
  • 作業員の追加
  • 不用品の量が多い
  • 道路が狭かった
  • 見積もり外の不用品があった
  • 古い家具家電の処分費用

 

上記の料金は見積もりにないため、当日にならないといくらかかるのか分かりません。優良な不用品回収業者であれば、以上のような追加請求をされることはありえないでしょう。

見積もりだけのはずがキャンセル料金が発生した

 

契約前にも関わらず、見積もりを頼んだだけでキャンセル料を請求してくることもあります。なかには問い合わせをしただけで、相談料金と称して請求してくる場合もあります。

 

通常キャンセル料金が発生するのは、回収を依頼した場合のみです。優良業者であれば、見積もりだけでキャンセル料を請求してくることはありません。

 

見積もりの段階でキャンセル料を請求する業者は、悪徳業者である可能性が高いです。

ぼったくりをする悪徳業者の特徴

 

不用品回収業者を利用する頻度はそれほど高くないため、ぼったくりをする悪徳業者なのか判断が難しいのではないでしょうか。

 

ここでは、ぼったくりをする悪徳業者の特徴を紹介します。しっかりチェックして、ぼったくり業者を事前に回避しましょう。

不用品回収に必要な許可を持っていない

 

ぼったくりをする悪徳業者は、不用品回収に必要な許可や資格を持っていないことが多いです。不用品回収をするためには、以下の許可・資格が必要です。

 

  • 一般廃棄物収集運搬業許可
  • 古物商許可
  • 産業廃棄物収集運搬許可

 

これらの許可・資格を提示できない業者は、悪徳業者であると判断しても良いでしょう。

「無料回収」を謳い文句にしている

 

「無料回収」を謳い文句にしている業者は、悪徳業者である可能性が高いです。回収した不用品を処分するには費用がかかります。それにもかかわらず無料で回収しているということは、正しい方法で処分されていない可能性があります。

 

基本的に無料で不用品回収をすることはないので、無料回収をうたい文句にしている業者には十分気を付けましょう。

勧誘がしつこい

 

飛び込み営業や電話営業など、依頼者が断っているのにも関わらず、契約を決めるまでしつこく勧誘してくる業者は悪質業者である可能性があります。

 

見積もりの段階でキャンセルを申し出ると、割引などを利用し無理やり引き留めてくる業者もいます。

 

また、説明が不十分なまま契約を迫ってくるなど、契約までにかける時間を短くしようとする業者にも注意しましょう。

ホームページが見当たらない

 

ホームページがなく、会社名・所在地・連絡先が不明な業者への依頼は避けた方が良いでしょう。

 

何かトラブルがあった際に連絡がとれるかどうかはとても大切です。

 

優良な業者であれば、基本的にホームページがあります。少なくとも、会社名・所在地・連絡先が不明なことはまずありえません。

ぼったくられないためには?不用品回収業者の上手な選び方

 

悪徳業者にぼったくられると、思わぬ高額な出費をすることになります。ぼったくられないためにも、ここでは不用品回収業者の上手な選び方を紹介します。

回収料金が適正かどうか調べる

 

回収料金は業者によって異なりますが、あらかじめ相場を把握し回収料金が適正かどうか調べるようにしましょう。

 

回収料金が相場よりもあまりにも安すぎる場合、ぼったくりをする悪徳業者である可能性が高いです。

 

相場よりも安すぎる業者に依頼をすると、高額の追加請求をされることがあります。回収料金が適正な不用品回収業者に依頼をするようにしましょう。

お客さんからの評判がいい会社を選ぶ

 

実際にその業者を利用したお客さんの口コミを見て、評判のいい業者を選ぶのもおすすめです。

 

お客さんからの評判がいい会社であれば、ぼったくりをする悪徳業者である可能性は低いです。事前にお客さんからの評判や口コミを確認するようにしましょう。

明朗会計をしてくれる

 

見積もりに詳細な内訳を記載し、明朗会計を心がけている業者を選びましょう。

 

中には、「作業料金一式」と記載した見積もりを提出する業者もいます。この一式の内訳を確認せずに契約すると、高額な追加料金が発生する可能性があるので注意が必要です。

ぼったくられた際の相談先は?

 

どんなに気を付けていても、ぼったくられてしまうこともあります。ここでは、ぼったくられてしまった際の相談先を紹介します。

消費者センター

 

ぼったくられてしまった際の相談先として、消費者センターが挙げられます。

 

一定の期間であれば無条件で契約の申し込みを撤回したり、契約を解除したりできる制度であるクーリング・オフというものがあります。

 

クーリング・オフを利用するには条件や期間が指定されているので、該当しているか確認してから行いましょう。

 

クーリング・オフは、書面もしくは電磁的記録で行えます。自身で手続きすることもできますが、クーリング・オフできるのか分からない方や手続きの仕方が分からない方は消費者センターに相談しましょう。

警察

 

料金の支払いに際し、恐喝や暴行があった場合は警察の介入が可能です。

 

ただし、警察には民事不介入という原則があります。料金を支払ってサービスを受けるという行為は民事になるため、悪徳業者によるぼったくりに警察は介入できません。

 

同じ業者が他にもトラブルを起こしていて、すでに捜査対象になっている可能性もあるので、まずは相談してみるのがおすすめです。

弁護士

 

被害が高額の場合、弁護士へ依頼し返還請求を行うのも1つの方法です。業者への交渉などの各種手続きをプロに任せることができます。

 

ただしこの場合には、弁護士費用の支払いが生じます。弁護士によっては成果報酬の場合もあるので、自身の希望にあった弁護士に依頼しましょう。

 

また、「費用が不安」「先ずは相談だけしたい」という方は法テラスがおすすめです。法テラスは一定の条件を満たせば無料で相談することができます。

 

そのまま法的措置を取ることもできるので、いきなり弁護士に依頼するのはハードルが高いという方は、法テラスの利用を検討しましょう。

【まとめ】ぼったくりをする不用品回収業者を避けよう

 

業者のなかには、ぼったくりをする悪徳な業者が存在します。自分の身を守るためにも事前に相場や事例を把握しておき、少しでも違和感を感じた場合は依頼するのをやめましょう。

 

本記事を参考にして、ぼったくりをする悪徳業者を避け、優良な不用品回収業者に依頼するようにしましょう。

 

また、万が一悪徳な業者にぼったくられてしまった際は、早めに相談するのがおすすめです。