【保存版】大阪の安い引っ越し業者は?相場を把握してお得に引っ越しするには?

引っ越しの際に、どの業者を選んだら良いか悩んだ経験があるという方もいるのではないでしょうか。引っ越し引っ越し業者の数は、知名度の高い大手引っ越し業者や地域密着型業者を合わせると数十社以上も存在します。

 

そこで本記事では、大阪府から引っ越しをするのに、口コミ評価が高く、かつ引っ越し価格が安い業者を紹介します。

大阪府の引っ越し相場について

 

大阪府から引っ越しをする場合の相場についてまとめました。単身、家族それぞれの引っ越し相場は以下の通りです。

 

単身荷物小
(通常期)
単身荷物小
(繁忙期)
単身荷物大
(通常期)
単身荷物大
(繁忙期)
市町村内
(~15km未満)
37,444円 43,642円 50,044円 60,521円
都道府県内
(~50km未満)
39,866円 48,243円 51,507円 65,043円
同一地方内
(~200km未満)
48,465円 55,054円 66,298円 85,663円
近隣地方
(~500km未満)
57,057円 66,398円 84,501円 106,360円
遠距離地方
(~500km以上)
69,057円 76,757円 102,109円 125,725円

 

 

家族二人(通常期) 家族二人(繁忙期) 家族三人(通常期) 家族三人(繁忙期)
市町村内
(~15km未満)
67,179円 81,022円 83,002円 102,692円
都道府県内
(~50km未満)
72,921円 91,409円 92,996円 116,900円
同一地方内
(~200km未満)
88,919円 123,578円 106,945円 148,077円
近隣地方
(~500km未満)
115,345円 157,873円 148,673円 201,465円
遠距離地方
(~500km以上)
160,165円 221,295円 200,058円 272,781円

 

家族四人
(通常期)
家族四人
(繁忙期)
家族五人以上
(通常期)
家族五人以上
(繁忙期)
市町村内
(~15km未満)
101,880円 126,032円 143,128円 149,982円
都道府県内
(~50km未満)
121,713円 148,113円 159,807円 192,572円
同一地方内
(~200km未満)
137,267円 184,195円 200,804円 243,335円
近隣地方
(~500km未満)
183,004円 253,899円 235,780円 334,825円
遠距離地方
(~500km以上)
240,838円 315,651円 344,510円 378,797円

※通常期(5月~1月)繁忙期(2月~4月)

 

あくまで目安であり実際の引っ越し価格を保証するものではないので、注意してください。

 

単身の場合、通常期と繁忙期で料金の差は約3万円程度です。また、家族の人数が多い場合、通常期と繁忙期で約7万円以上差が出る場合があります。

 

できるだけ安く引っ越しをしたいという方は、通常期を狙って引っ越しをするのがおすすめです。

単身でも安心!安くて評価の高い引っ越し業者5選!

大阪府から引っ越しする場合のおすすめ引っ越し業者を5つご紹介します。会社ごとに特徴があり、単身か家族連れかによっておすすめポイントが変わってきます。


詳しく解説しているので、自分に合った業者を選ぶようにしましょう。

エーストータルサービス|関西の単身引っ越しにおすすめ

引用元:エーストータルサービス公式HP

 

エーストータルサービスは大阪・京都・兵庫・奈良の関西全域をカバーする地域密着型の業者です。サービス内容は単身の引っ越し、不用品回収・買取やハウスクリーニングなど多岐にわたります。


引っ越し相場の目安は以下の通りです。

 

区画

軽バン引っ越し 1トン引っ越し 2トン引っ越し
近距離
(大阪~三重)
7,900円~ 19,800円~ 24,800円~
中距離
(大阪~岡山・広島・福井・鳥取・徳島)
19,800円~ 39,800円~ 49,800円~
遠距離
(大阪~東京・福岡・静岡・長野・高知・山口…etc)
49,800円~ 59,800円~ 64,800円~

※料金は目安です。


実際の引っ越し内容により金額は変動します。北海道・東北・関東・九州・沖縄などの一部地域は別途要見積りです。

 

引っ越しは単身での利用となりますが、大阪府内での引っ越しが最安で7,900円〜と地域密着型ならではの安い料金設定です。


単身かつ近距離という条件であれば、費用を抑えて引っ越しすることができます。

サカイ引越センター|安心で高品質な新生活をお届け

引用元:サカイ引越センター公式HP

 

サカイ引越センターは、大阪に本拠地を置く大手引っ越し業者です。200支社を展開していて、日本全国で利用することができます。単身・家族での引っ越しはもちろんのこと、海外への引っ越しにも対応しているのが特徴です。


様々な家庭の状況にあわせたプランが用意されていています。新居の掃除までおこなってくれるプランや、荷造りを自身で行い価格を抑えることができるエコノミープランなど多岐にわたります。


プランが多いので、公式サイトにあるプランシュミレーターを使って決めるのがおすすめです。

アート引越センター|さまざまなプランがある

引用元:アート引越センター公式HP

 

アート引越センターは大阪に本拠地を置く大手引っ越し業者です。国内拠点は170箇所と全国展開はもちろんのこと、それに見合うサービス品質を備えています。引っ越し時のアフターサービスが充実している点が特に特徴的です。

 

ご近所への挨拶の品を配達してくれたり、テレビを観る家庭の場合はNHKの住所変更を代行してくれたりします。

 

学割プランやレディースパックなど、様々な引っ越しパターンに対応しています。
公式サイトから簡単に見積りできる他、zoomやLINE見積りも可能です。

引越のブレックス|スタッフのサービスが細やか

引用元:引越のブレックス公式HP

 

引越のブレックスは、兵庫県に本拠地を置く地域密着型業者です。電化製品の特別販売を行っており、引っ越しと同時に配送~セッティングまで行ってくれるのが特徴です。


わざわざ家電量販店に行って購入や配送手配する手間がすべて省けるのも嬉しいポイントです。小さなお子さんがいる家庭の場合は、ベビーシッターが同行してくれるサービスも提供しているので安心です。


見積りは公式サイトから申し込みが可能で、zoomなどのリモート見積りにも対応しています。

ヤマトホームコンビニエンス|ヤマトグループの引っ越しサービス

引用元:ヤマトホームコンビニエンス公式HP

 

ヤマトホームコンビニエンスはヤマト運輸なども手掛けるヤマトグループの提供する引っ越しサービスです。2022年単身者向けオリコンランキングで1位を獲得するなど、顧客から高い満足度を得ています。

 

特徴としては、通常の引っ越しと違いトラックを貸し切るのではなく、専用ボックスに荷物を積んで輸送するという仕組みを採用しています。専用ボックスにより、トラックを貸し切るよりも安い費用で引っ越しすることができます。

 

専用ボックスに入らない大型家具家電については、「らくらく家財宅急便」という輸送サービスを組み合わせて配送することが可能です。WEBで予約が完結するので申込みがとても簡単です。


費用の目安は以下の通りです。

 

区画

専用ボックス1本 専用ボックス2本
大阪府内 18,700円 37,400円
大阪~東京 30,800円 61,600円
大阪~広島 28,600円 57,200円
大阪~福岡 31,900円 63,800円

※配送日が土日などにより加算料金が追加されます。

 

料金は目安で、実際の引っ越し内容により金額は変動します。荷物が少ないけど大手引っ越し業者を利用しながら価格を抑えたい、という方におすすめです。

大手引っ越し業者と地域密着型業者の違いとは?

引っ越し業者は大手引っ越し業者と地域密着型を合わせると、数十社以上も存在します。大手引っ越し業者と地域密着型にはどのような違いがあるのでしょうか。

 

ここからは、それぞれの違いやメリット・デメリットについて解説していきます。

大手引っ越し業者と地域密着型業者の違い

 

大手引っ越し業者と地域密着型の大きな違いは拠点数です。

 

大手引っ越し業者は日本全国に拠点があり、配送の帰りに別の拠点で荷物を回収できる分長距離に強いという特徴があります。一方、地域密着型の場合、拠点数が少なく長距離の配送になると大幅に輸送コストがかかってしまう分引っ越し費用が割高になってしまう場合があります。

 

また、大手引っ越し業者の場合はマニュアルや研修制度が整っており、サービス品質が安定しています。地域密着型の場合は、広告などに費用をかけていない分宣伝コストが少ないので、引っ越し費用を抑えて引っ越しすることができる可能性が高いです。

 

大手引っ越し業者を利用するメリット・デメリット

 

大手引っ越し業者を利用するメリット・デメリットは以下の通りです。

 

メリット
・拠点数が多く、長距離の輸送に強い
・マニュアル化されているのでサービス品質が安定している
・複数のプランが用意されているので、自分にあった最適なプランが選べる

 

大手引っ越し業者は拠点数が多く、長距離の輸送に強いです。マニュアルや研修制度が整っている会社が多く、サービス品質が安定しています。単身の女性や学生向けのプランなども存在するので、最適なプランを選びやすいのも大手引っ越し業者のおすすめポイントです。

 

デメリット
・マニュアル化により融通が利かない可能性
・単身かつ短距離の引っ越しの場合は地域密着型よりも割高
・社員数が多いので、毎回違う担当者になる可能性が高い

 

大手引っ越し業者は作業やサービスがマニュアル化されているので、もしものトラブルがあった際に融通が利かない可能性があります。料金面でも、単身かつ短距離での引っ越しの場合は、地域密着型と比較して割高になる可能性が高いです。


社員数が多いので、担当者が毎回変わる可能性が高いので、情報共有が完璧に行えない可能性もあります。

 

地域密着型業者のメリット・デメリット

 

地域密着型業者のメリット・デメリットは以下の通りです。

 

メリット
・単身かつ短距離の引っ越しの場合、安い費用で引っ越し可能
・場数を踏んだ経験者のスタッフが多い

 

地域密着型の場合、単身かつ短距離の引っ越しであれば、大手引っ越し業者よりも安い費用で引っ越しすることができます。大手引っ越し業者と比較して社員数が少なく、同じスタッフが複数の案件を担当することも多いです。


その結果、場数を踏んだ経験者のスタッフが育ちやすい傾向にあります。

 

デメリット
・長距離の場合は費用が高くなる傾向にある
・トラブルの際の補償内容をしっかり確認する必要がある
・業者によって当たり外れがある


地域密着型の場合、拠点数が少なく長距離の場合は大幅に輸送コストがかかってしまう分、割高になる可能性があります。引っ越しの際にトラブルが発生した場合、ほとんどの業者が『運送業者貨物賠償責任保険』に加入しているので安心です。


しかし、補償内容が業者によって異なるので事前に確認しておく必要があります。
また、マニュアル化された大手引っ越し業者と比べ、サービス品質など当たり外れが起きやすい点にも注意が必要です。

おすすめの引っ越し業者の選び方

 

おすすめの引っ越し業者の選び方がわからないという方も多いのではないでしょうか。単身なのか家族連れなのか、引っ越し先などによっておすすめ業者が変わります。


自身の状況に合わせた引っ越し業者を選ぶようにしましょう。

 

引っ越しの距離で決める

 

おすすめの引っ越し業者の選び方1つ目は「引っ越しの距離で決める」です。短距離での引っ越しの場合、地域密着型の方が安い費用で引っ越しできます。長距離の引っ越しの場合、拠点数が少なく地域密着型だと対応していないか、大手引っ越し業者よりも費用がかかってしまうことがあります。


また、長距離の引っ越しの場合は、日本全国に拠点がある大手引っ越し業者のほうが慣れている分スムーズに引っ越しできるという可能性が高いです。

 

料金で決める

 

おすすめの引っ越し業者の選び方2つ目は「料金で決める」です。引っ越しの際にはどうしても大きな費用がかかってしまいます。可能な限り費用を抑えることができれば嬉しいのではないでしょうか。


地域密着型であれば、ほとんどの場合、大手引っ越し業者と比較して費用を抑えることができます。長距離の場合は、大手引っ越し業者の方が費用が安いこともあるので、一度一括見積りをおすすめします。

荷物の量で決める

 

おすすめの引っ越し業者の選び方3つ目は「荷物の量で決める」です。単身なのか家族連れなのかによって、引っ越しの料金は大幅に変わってきます。単身のように荷物が少ない場合は、地域密着型の方が費用を安く抑えることができます。


しかし、荷物が多い場合は「サービス品質が安定している」「トラブルの際の補償がしっかりしている」大手引っ越し業者がおすすめです。また、大手引っ越し業者はスタッフ数も多いので、家族複数人の引っ越しで荷物が多い場合にもスムーズに対応してくれます。

【まとめ】相場を把握してお得に引っ越しをしよう

 

引っ越しのおすすめ業者について解説してきました。引っ越しは荷物の量や引っ越し先によっては、10万円以上の費用がかかってしまうこともあります。


少しでも費用が安く抑えられたら嬉しいのではないでしょうか。短距離の場合は地域密着型の業者を上手に活用することで、費用を大幅に抑えることができます。引っ越しの相場を把握して、少しでもお得に引っ越しできるようにしましょう。