安い単身引っ越し業者比較5選!一人暮らしの引っ越しを安くする秘密の裏技を紹介

  • 安い引っ越し業者はトラブルが起きそうで不安
  • 引っ越し代を抑えて、新しい家具家電を買う費用に充てたい
  • 引っ越し費用を安くしたいけどどうすればいいの?

 

以上のような悩みを持っている方も少なくないのではないでしょうか。

 

引っ越しは、荷物の量によっては数万円以上かかるので大変です。人によっては、「新居で家具家電を揃えたいから引っ越し費用をできるだけ安くしたい」と考える人もいるのではないでしょうか。

 

しかし、安い引っ越し業者はよく調べておかないと、「サービス品質が悪い」「運搬中のトラブル」などの問題が起きることもあります。

 

そこで本記事では、安く引っ越しをする方法について解説します。

 

この記事では以下について解説しています。

 

  • 単身引っ越しにおすすめの安い業者5選
  • 単身引っ越しパックと単身引っ越しプランの違い
  • 単身引っ越しを安くするには

 

ぜひ最後までお読みください。

単身引っ越しにおすすめの安い業者5選

 

単身引っ越しをする際におすすめの安い業者は、以下の通りです。

 

  • エーストータルサービス
  • 赤帽
  • 日通(日本通運)
  • ラク越
  • サカイ引越センター

 

どの業者も単身向けの引っ越しプランが用意されており、安く引っ越しを済ませたいという方におすすめです。 それぞれの特徴について詳しく解説します。

エーストータルサービス|業界最安値で単身引っ越し!

引用元:エーストータルサービス公式HP

 

エーストータルサービスは、大阪に拠点を置く地域密着型の引っ越し業者です。単身者の引っ越しに特化しており、大阪内での引っ越しの場合、7,900円〜と非常に低価格で引っ越しができます。

 

24時間365日引っ越し対応可能で、急ぎの引っ越しの際にも安心です。料金の目安は以下の通りです。

 

区間  軽バン    単身(1トン) 単身(2トン)
近距離      
大阪→大阪  7,900円〜 19,800円〜  24,800円〜
大阪→神戸 8,900円〜  19,800円〜  24,800円〜
大阪→京都  8,900円〜  19,800円〜  24,800円〜
大阪→奈良 8,900円〜  22,000円〜 24,800円〜
大阪→和歌山  8,900円〜 22,000円〜 24,800円〜
大阪→滋賀  11,000円〜  26,000円〜  29,800円〜
大阪→三重  11,000円〜 26,000円〜  29,800円〜
中距離      
大阪→名古屋  19,800円〜  39,800円〜  49,800円〜
大阪→岡山  19,800円〜  39,800円〜  49,800円〜
大阪→広島  23,000円〜  39,800円〜  49,800円〜
大阪→福井  23,000円〜  39,800円〜  49,800円〜
大阪→鳥取  23,000円〜  39,800円〜  49,800円〜
大阪→徳島  23,000円〜  39,800円〜  49,800円〜
長距離      
大阪→東京  49,800円〜  59,800円〜  64,800円〜
大阪→福岡  49,800円〜  59,800円〜  64,800円〜
大阪→石川  49,800円〜  59,800円〜  64,800円〜
大阪→岐阜  49,800円〜  59,800円〜  64,800円〜
大阪→静岡  49,800円〜  59,800円〜  64,800円〜
大阪→富山  49,800円〜  59,800円〜  64,800円〜
大阪→長野  49,800円〜  59,800円〜  64,800円〜
大阪→山梨  49,800円〜  59,800円〜  64,800円〜
大阪→神奈川  49,800円〜  59,800円〜  64,800円〜
大阪→埼玉 49,800円〜  59,800円〜  64,800円〜
大阪→香川  49,800円〜  59,800円〜  64,800円〜
大阪→高知  49,800円〜  59,800円〜  64,800円〜
大阪→愛媛  49,800円〜  59,800円〜  64,800円〜
大阪→島根 49,800円〜  59,800円〜  64,800円〜
大阪→山口  49,800円〜  59,800円〜  64,800円〜

赤帽|オリコン満足度10年連続1位!

引用元:赤帽公式HP

 

赤帽は、貨物軽自動車運送事業者である赤帽組合員で構成された組織です。赤帽は「事業協同組合」で、「農業協同組合(農協)」や「漁業協同組合(漁協)」と同様の組織です。日本全国約180ヵ所の拠点があります。

 

赤帽の魅力は、オリコン満足度®調査2022年引っ越し業者の中で10年連続1位を獲得している点です。高い顧客満足度を得ている組織なので安心して引っ越しの依頼ができます。

 

単身引越しサービス「赤帽引越しシングルパック™」を提供していて、軽トラックを貸し切りにすることにより荷造りなどを簡略化することができます。

 

近距離での引っ越し費用の目安は以下の通りです。

引越し運賃料金(税込)  
時間・距離  運賃・料金
作業時間2時間以内・走行距離20Km以内の場合  13,750円
(1台1行程・ドライバー1名、土曜・日曜・祝日は2割増)

※繁忙期は金額が異なります

日通(日本通運)|お得な大手引っ越し業者!

引用元:日通公式HP

 

日通は、全国188店舗(2022年11月時点)を構える大手引っ越し業者です。

 

日通では単身者向けプランとして、「単身パック当日便」「単身パックS・L」を提供しています。そのなかでも単身パック当日便は車で30分程度の近距離での引っ越しに限られるものの、引っ越し作業がわずか4時間で完了するという特徴があります。

 

それ以外の方は単身パックS・Lがおすすめです。荷物の目安や費用は以下の通りです。

 

  単身パックSサイズ 単身パックLサイズ
料金 19,800円(税込)~ 22,000円(税込)~
荷物の目安 ダンボールのみの積載:16箱相当 ダンボールのみの積載:30箱相当
積載可能な家財のサイズ目安

冷蔵庫:300リットル以下

テレビ:42インチ以下

ソファ:1人掛けの物

冷蔵庫:300リットル以下

テレビ:42インチ以下

ソファ:1人掛けの物

インターネット割引などもあるので、大手引っ越し業者をお得に利用したい方におすすめです。

ラク越|単身女性におすすめ!

引用元:ラク越公式HP

 

ラク越は、関東・関西地方を中心に展開している引っ越し業者です。

 

ラク越の特徴は、見積もりから契約、引っ越し料金の支払いが全てLINE/SmartChatで完結する点です。

 

利用者の51%が単身女性で、専用の見積もりシステムにより訪問不要で見積もり作成ができるのでプライバシーに配慮されています。

 

また、作業員も専用の名刺、身分証明を持っていて身元が分かるので安心です。引っ越し料金の目安は、以下の通りです。

 

近距離 14,800円~
遠距離 39,800円~

 

また、ラク越が独自開発した家財容積積算システムにより、申告した荷物から見積もりを行ってくれます。当日の積み残しや追加料金が無いので、安心できます。

サカイ引越センター|自分に合ったプランを選べる!

引用元:サカイ引越センター公式HP

 

サカイ引越センターは、全国200ヵ所以上の拠点がある大手引っ越し業者です。特徴は、豊富なプランが用意されている点です。

 

単身者向けプランとして、荷造り・荷解きを全て自分で行うエコノミープランや期日指定なしで料金を抑える「ご一緒便プラン」があります。

 

それ以外にも、荷造り・荷解きを全てスタッフにお任せするプランなどがあり、自分に合ったプランを選ぶことができます。

 

海外への引っ越しにも対応しているので、海外出張や転勤にも対応可能です。見積もりは、公式ホームページかLINE見積もりで行うことができます。

単身引っ越しパックと単身引っ越しプランの違いは?

 

単身引っ越しパックと単身引っ越しプランの違いは、荷物量に制限があるかどうかです。

 

単身引っ越しパックは、専用のコンテナに荷物を載せます。荷物量が少ない方に限られるので、料金が安い傾向にあります。また、専用コンテナに載せられる荷物量が決まっているので、訪問見積もりが不要です。

 

単身引っ越しプランは、単身引っ越しパックと違い、訪問見積もりが必要ですが荷物量に制限がありません。単身で大型の荷物が無い方は、単身引っ越しパックを利用して料金を抑えるのがおすすめです。

 

  料金 荷物量 訪問見積り
単身引っ越しパック 安い 制限あり 基本的に不要
単身引っ越しプラン 高い 制限なし 基本的に必要

単身引っ越しの料金を安くするには?

 

単身引っ越しの料金を少しでも安くするための方法を解説します。料金を安くする方法は、主に以下の通りです。

 

  • 複数社から見積もりを取る
  • 不要なものはあらかじめ捨てておく
  • 荷造り・荷解きは自分で行うと安くなる

 

それぞれ詳しく解説します。

複数社から見積もりを取る

 

引っ越し料金を安くする方法の1つ目は、「複数社から見積もりを取る」です。引っ越しのプランや料金は、業者ごとに異なります。

 

自分にあったプランを選ぶだけでなく、できるだけ料金も安く抑えたいという方が多いのではないでしょうか。

 

一括見積もりサービスを利用することで、それぞれの業者の料金を比較することができるのでおすすめです。

不要なものはあらかじめ捨てておく

 

引っ越し料金を安くする方法2つ目は、「不要なものはあらかじめ捨てておく」です。引っ越しは、荷物の量によって料金が変わります。

 

荷物の量が多くなると、大型車両を用意する必要があり料金が高くなります。不要なものに関しては、あらかじめ処分しておくのがおすすめです。

 

フリマサイトやリサイクルショップを利用することで、不要なものを買い取ってくれます。

 

引っ越し費用や新居の家具を購入する足しになるのでおすすめです。

荷造り・荷解きは自分で行うと安くなる

 

引っ越し料金を安くする方法の3つ目は、「荷造り・荷解きは自分で行う」です。荷造り・荷解きは、手間がかかるので大変な作業です。

 

しかし荷造り・荷解きをスタッフに任せてしまうと、料金がかかってしまいます。もし荷造り・荷解きを自分で行えば、引っ越しの料金を安く抑えることができるでしょう。

 

あらかじめ不要なものは処分して、荷造り・荷解きの量を減らしておくのがおすすめです。

 

業者によっては荷造り・荷解きを自分で行うことで料金を抑えたプランが用意されている場合もあります。

 

見積もりの際に確認するようにしましょう。

まとめ

 

今回の記事では、単身向けのおすすめ業者や引っ越し料金を安くする方法について解説しました。

 

引っ越し業者は数十社以上あり、どの業者がおすすめか分からない方も多いのではないでしょうか。

 

今回紹介した5つの業者は料金が安く、高い顧客満足度を得ている業者ばかりです。単身女性向けのプライバシーなどに配慮された業者もあります。

 

単身引っ越しをする際は、ぜひこの記事を参考にしてみてください。