生前整理を始めるタイミング?進め方とは!?

生前整理を始めるタイミング?進め方とは!?

生前整理を始めるタイミング?進め方とは!?

     

終活という言葉が一般的になってきた近年、、生前整理を意識する人が増えてきたようです。大切な家族がトラブルに巻き込まれないようにと、生前整理に取り組んでいる人も数多くいます。 ”生前整理はある程度年をとってからでも間に合うだろう”と思う方もいるでしょう。しかし、生前整理は意外とエネルギーを必要とする作業なのです。 『もっと早くから整理しておけばよかった…』と後悔しないよう、今のうちから生前整理についてしっかりと知っておきましょう。

   
生前整理とは
 

自身が亡くなった後に、遺族が遺品の整理に困らないように生前のうちに身の回りの整理や手続きなどをしておくことを言います。

長年住み続けた家なら物もたくさんあることでしょう。物で溢れかえっていると、どこから手を付けていけばいいのかわからず、作業になかなか進まないといったケースも。作業に時間がかかると余計と面倒に感じてしまうのでないでしょうか。 これは、生前整理だけではなく遺品整理にも同じことが言えます。他人の所有物を処分することは、判断がム難しく普段以上に気を使います。特に大切な人との思い出が詰まった遺品を処分するとなれば尚更でしょう。遺族にかかる負担を少しでも軽くするために、生前整理を行う必要があるのです。

   

生前整理のメリット

 
家族親族の遺品整理の負担を軽減することできる
 

当然ではありますが、遺品が多ければ多いほど遺品整理にかかる時間は長くなります。家族のことを思うのなら、遺品は最低限にしておくことで負担が軽減できます。普段から同居しており、お互いの所有物を把握できているのであれば、遺品をどうすれば良いか的確に判断できるため遺品整理はスムーズに行なえるでしょう。しかし、別々で住んでいる場合はそうもいきません。賃貸に住んでいた場合は契約上、早急に遺品を整理する必要があり急ぐ必要があります。 また、持ち家の場合であっても空き家を長期間放置しておくわけにはいかないため、なるべく早く整理する必要がでてきます。

   
相続問題などのトラブルを事前に回避
 

生前整理をしていなかったことにより一番トラブルが起きやすいのが相続関係ではないでしょうか。特に土地や有価証券などの財産の権利書などの所在を明らかにしておかなければなりません。 生前整理によって自分が抱えている財産を正確に把握し直す必要があり、それらをどうするかを今のうちから決めておくことで、相続トラブルを避けることができるかもしれません。

   
万一の事態に備えることが可能
 

生前整理によって身の回りを整理しておくことは、遺品整理や相続のときにだけ役立つわけではないのです。例えば、病気や不慮の事故によって入院しなくてはいけなくなった場合、施設に入居することになった場合などで事前に整理できておらず慌てて対処しなくていけないといったことも防げます。 万が一の事態に備える意味でも、日頃から身の回りの整理は行っておくことが大切です。

   

生前整理を始める時期

   

生前整理はいつ始めても問題はありません。ポイントは元気なうちに行うことです。生前整理を検討中なら尚更、今すぐに始めても良いでしょう。 大切なのは、自分で動けるうちに行うことなのです。要るもの要らないものを判断できるのはあなたしかいません。

保管していた期間が長くなると思い入れが強くなってしまうためなかなか処分できないこともあるでしょう。そうなってしまわない為にも、動けるうちに生前整理を始めた方がよいでしょう。    
子供が家を出たタイミングで
 

進学や就職、結婚などにより家を出たタイミングで、生前整理を始めるのが良いかもしれません。 同居していない遺族が遺品整理を行うとなるとかなりの負担があります。そのため、巣立ったタイミングで生前整理を行っておけば、あなたの身に何か起こった場合でも、家族は対応しやすくなります。

   

生前整理の進め方

 

生前整理をいざしようと思っても、何から始めれば良いかわからない人も多いのでないでしょうか。どのような方法で進めていけばスムーズに整理ができるの考えていきましょう。

   
必要なもの・不要なものを分けて処分する
   

普通に片付けをするように、必要なものと不要なものに分けるところから始めていきましょう。断捨離で大切なことは、使っているかどうかを意識し、必要なものを分けていくことです。捨てることが苦手な人に多くみられるのが、”いつか使うかもしれない・思い出の物だから”という理由で処分を思い止まることです。 いつか使うかもしれないからと思いながら一年以上保管されていたものはおそらくこの先も使う機会はないでしょう。そういうものは思い切って処分しましょう。

   
食器や衣類
   

食器や衣類などを判断する際は、自分にとって適量かどうかを意識すると良いでしょう。衣類は何十枚も持っておく必要はありません。最低限の枚数にするなどの対策をしほとんど着ていない状態の衣類があればそれも処分しましょう。

また、住んでいる住人よりも多くお皿やグラスがある場合も同様、たくさんあっても使っている食器類はほんのごくわずかです。たくさんあっても仕方ありません。このように、自分たちの生活を振り返って、適正量を知ることが断捨離に繋がります。

   
不要なものは全て処分
   

不要なものを分けることができたら、思い切って処分しましょう。細々としたものならば、家庭ごみとして処分しても問題ありません。ただし、地域によって分別に違いがありますので各自治体のルールに沿って処分しましょう。また、きれいな状態で捨ててしまうのに抵抗があるようなものは、リサイクルショップや買取り業者を利用しする方法もあります。

 

不用品がたくさんある場合や、家庭ごみとしては処分できない大きなものがある場合は、不用品回収業者に依頼すると良いでしょう。 買取りと不用品回収をまとめて行なってくれる業者もいるので、売りたいものもあるときは、一気に処分することが可能です。

   

生前整理を業者に頼む場合は

 

すでに生前整理を行えるほどの体力がない場合や、自身ではできない理由がある人は専門業者に代理で整理してもらうこともできます。 生前整理業者は依頼主の意見を聞きながら部屋の片づけ・仕分け作業・不用品、買取りの回収作業・全体の清掃を行なってくれます。分からないことも生前整理の業者であればプロとして提案や相談にも親身になって聞いてもらうことができます。

   

良い業者を選ぶには?

 

生前整理業者を選ぶ際には、必ず3社以上の業者に相見積もりを行ないましょう。これらは、生前整理だけではなく別の作業内容でも相見積もりは大切です。複数の業者に依頼することにより相場が分かることと良い業者に依頼することができるということです。また、実際にスタッフの人と直接会い接客の対応も確認することができます。その場でわからないことは、遠慮なく質問していきましょう。 「この業者であれば任せても良い」と思えるような業者を選ぶことが何より重要になります。

     

不用品の処分はエース不用品回収サービスにお任せください!!

 

1.即日対応可能

  お問い合わせを頂いてから、お急ぎの方には即時対応をしております!また、お客様が買取り価格にご納得いただけたら、その場で買取りおこなっています。迅速・丁寧に対応いたしております。  

2.見積り・査定無料

  買取りを依頼される方の中で多く査定をされるひとが多く居られます。もちろん弊社でも査定と見積りをしてゆっくりとご検討してください。査定は無料で行っております。疑問点などありましたらお気軽にご相談ください。   遺品整理・不用品回収のお問い合わせはこちらをクリック! お電話:050-3647 -1179