生前整理と遺品整理の違いって何!?

生前整理と遺品整理の違いって何!?

生前整理と遺品整理の違いって何!?

 

生前整理と遺品整理の違いって何!?

 

 

 

『遺品整理』と言うワードを耳にされた方は多いと思います。そして近年では『生前整理』というワードこれもまた当たり前のように耳にすることが増えてきています。しかし、実際のところ違いがあまり詳しく分かっていらっしゃらない人も居られるのではないでしょうか?? 生前整理と遺品整理では整理を行なう時期が異なります。そこで今回は違いについて詳しく解説していきたいと思います。意味や目的を知っておくことで今後どうするべきか答えが出やすくなるのではないでしょうか?    

 

生前整理と遺品整理の大きな違い

 

 

 

生前整理

 

生前整理とは、自身が生きている間に家の物を少しずつ整理をすることを言います。最近では若い人達も意識することが高くなった為、早めの段階から始められている人が増えています。自身が亡くなったときに遺品を残された家族はなかなか心の整理が出来ず整理に踏み込めないままになってしまう人が多いからなのです。またご家族との思い出の品を整理するのか本当に精神的にも肉体的にも疲れがきてしまいます。そんな残された家族の事を考えて亡くなってしまう前に身のまわりの整理をします。 生前整理を行なっているか行っていないかで全然負担は変わります。自身で整理を行なうので捨てる捨てないも自分で判断できます。残しておきたいものは事前にご家族に伝えておけば良いでしょう。病気や不慮の事故でいつ亡くなってしまうか分からない中で身の回りの整理を少しでも行うことで常日頃から意識して生活を送ることが可能になります。物をできるだけ増やさないようにしておくだけでも良い方法になることでしょう。    

 

遺品整理

 

遺品整理は自身が亡くなった後に残された家族が故人の荷物を整理することを遺品整理と言います。家族で住まれていた方であればある程度残された荷物の処分をどうするのか理解しているようですが、もしも離れて住まれていたご家族であれば非常に判断が難しくなります。遺品整理は、故人が使われていた服や食器や家具家電までも遺品となるので数は莫大な数となるでしょう。 遺品整理は故人が亡くなられてから始めますが、片付けをするご家族の都合や気持ちの整理度合いによって遺品整理を始めるタイミングは人それぞれ違います。  

生前整理を行なっておく理由は2つ

 

 

理由①相続問題で家族がトラブルにならない為

 

故人が亡くなられてから起きやすいトラブルが相続問題です。酷い場合は裁判沙汰になるまでの大きい問題になるので自身が生きている間に財産配分について記録を残して亡くなったときはどのようにして分配を行なうか事前に決めておくことができます。自身で行って決めておくことで大きなトラブルも回避でき気持ちの整理もしやすくしてあげられるのです。トラブルに発展させないためにも最小限に抑えることは非常に大切です。    

理由②遺品整理の手間を減らしてあげる

 

自身がご家族の遺品整理の手伝いをした経験があれば良くお分かりになられると思いますが、自宅に多くの遺品と貴重品が残されたままになっていると一から全て整理をしなければならないのです。ご家族が遠方に住まれている場合はスケジュールに合わせて遺品整理をしなければなりませんし一日で終わる作業ではないので本当に大変な事です。体力や精神的にも負担が大きくなることを見越して事前に必要のない不用品は処分しておくなどを行なっておき負担を減らしてあげるのです。

 

 

           

 

    遺品整理・不用品回収のお問い合わせはこちらをクリック!

お電話:050-3647 -1179