不要になった家具の処分方法4選

不要になった家具の処分方法4選

不要になった家具の処分方法4選

  引っ越しで新居には持ち運ぶことが出来ない家具や、模様替えで不要になった家具が出てきた場合に困るのが処分方法です。大きい家具については燃えるゴミとして処分することができない為、頭を悩まされている方も少なくはありません。 処分にお困りの方の為に、処分方法など詳しく解説します。  

家具を処分する前に確認しておくべき事

    家電リサイクル法の対象にあたる、『テレビ・エアコン・洗濯機・冷蔵庫』の4つは粗大ゴミとして出すことができない決まりとなっています。処分するものがこのリサイクル法の項目に入っていないか事前に確認しておく必要があります。 買い替えを行う場合は、新しく購入したお店で回収してもらう方法もありますが、リサイクル法に基づく物であれば処分費用が必ずいるので覚えておきましょう。  

家具を処分する4つの方法

   

1.知人に譲る

  もしも知人に譲ることが可能であれば譲るのも一つの手です。しかし、大きい家具となれば運搬に苦労するかもしれません。運搬するにも数人必要になるので運搬方法をしっかりと考えたうえで検討しましょう。引っ越し業者の中には運搬だけでも引き受けてくれる業者もあるので利用してみましょう。  

2.細かく解体して普通ゴミとして処分

  解体を自身で行い処分する方法があります。しかし、簡単に解体できるものであれば問題はありませんが大きさのある家具の場合は手間もかかり重労働になります。小さく解体を簡単にできるものであれば検討してみましょう。  

3.リサイクルショップに売る

  リサイクルショップで買取りしてもらい処分することが可能です。ですが、状態が悪い物については買取りを拒否されてしまうこともあるので運ぶ手間など考えると先に電話で問い合わせをして状態を説明した上でお店に持ち込み方が良いでしょう。  

4.不用品回収業者に引き取ってもらう

  自治体と比べると少し処分費用が高くなってしまいますが、回収業者であれば手軽に処分することが出来ます。問い合わせをしてから即日対応が可能な業者であればすぐに処分することができるので早めに処分したい方にはおすすめです。さらに自宅まで回収に来てくれるので運ぶ手間もかかりません。