お店を閉めるときの不用品回収3つの注意点

お店を閉めるときの不用品回収3つの注意点

お店を閉めるときの不用品回収3つの注意点

    お店を閉店するときに、一般のゴミでは処分することができないものが多いためお困りになられる方も多く居られます。さらには、不用品の処分を行うときにトラブルが起きてしまうことはゼロではありません。 トラブルを避けるためにも、注意すべき点を知っておく必要があります。 どんなことに注意すると良いのかこれから解説します。    

閉店するときに不用品回収で注意すべき点

    1.お店にある不用品は家庭ごみとして処分することはできない 2.マニュフェストの作成 3.電化製品は自治体での処分は不可  

1.お店にある不用品は家庭ごみとして処分することはできない

  閉店するときに処分したいものがあったとしてもお店で出たゴミについては、産業廃棄物扱いとなるので家庭ゴミとして処分できない決まりになっています。罰金が 業者に頼まずに家庭ゴミで処分してしまった場合は、違法投棄とみなされ罰金刑といったトラブルになってしまうことがあるのです。そのためにはトラブルを防ぐためにも、必ず業者を利用して処分することをおすすめします。    

2.マニュフェストの作成

  処分するときに、不用品回収業者依頼した場合は、業者からマニュフェストを貰うことが可能です。 マニュフェストとは、不用品の処分をしたときに処分した業者の会社名と処分経路が記載された書類のことを言います。 回収業者とは言っても中には、悪徳業者も存在するため、そのような業者に依頼してしまったときに別の場所で不法投棄されてしまうことも残念ながらあります。 トラブルに巻き込まれないためには、業者の方にマニュフェストの作成をお願いしましょう。    

3.電化製品は自治体での処分は不可

  電化製品はお店で使っていたものだけではなく家方法庭の電化製品でも同じく、リサイクル法により自治体での回収は不可となっています。処分する際は、取り扱っているメーカーに回収依頼をするか、業者に依頼して処分してもらうかの方法となるでしょう。 回収業者の場合は、持ち運び必要もなくお店に取に来てくれて更には、リユースが可能なものであれば、買取りを行なってくれる業者もあります。その時は、処分費が一切かからず現金化にできるためとても魅力的な処分法ではないでしょうか?      

不用品の処分はエース不用品回収サービスにお任せください!!

 

1.即日対応可能

  お問い合わせを頂いてから、お急ぎの方には即時対応をしております!また、お客様が買取り価格にご納得いただけたら、その場で買取りおこなっています。迅速・丁寧に対応いたしております。  

2.見積り・査定無料

  買取りを依頼される方の中で多く査定をされるひとが多く居られます。もちろん弊社でも査定と見積りをしてゆっくりとご検討してください。査定は無料で行っております。疑問点などありましたらお気軽にご相談ください。   遺品整理・不用品回収のお問い合わせはこちらをクリック! お電話:050-3647 -1179